読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全プライベートで、クラウドファンディングのセミナーに行ってきた。

勉強めも

19時まで仕事の為、
30分遅れて参加した上に、

のぐたくさんの話を聞きたい
が参加の目的だった私に、

「セミナーのまとめを書いてほしい」

無茶な依頼をしてくる友人。


基本メモは取らずに、


Tweetしてたから、

それ以外は記憶での話になるので、
多少違う部分もあるかもしれないし、
Tweet内容とほぼ被ると思うけど…



まず、クラウドファンディング
資金集め」はもちろんなのだけど、
それよりも「プレマーケティング」の要素が大きい。

もちろん、
サービス・商品に対するニーズがあるか
という部分もそうなのだけど、

クラウドファンディングでは、PR以外に
リターンの設定がとても重要で、

価格部分であったり、
人気なサービス・商品であったり、
そんなこともプレマーケティングできる。

ただ、ここでの価格設定は
利益目的というよりは、

プレマーケティングとして
価格を緩めてニーズを調査することや、
参加のしやすさに対して
意識を向けることが大切。


また、参加者が見込み客となることも
クラウドファンディングの利点。

自分が協力したサービス・商品
という想いが、商品に対する高評価に繋がる。


多くの人に参加してもらうためには、
色々な点を考慮しなければならない。

下記の項目は、どのサービスを利用して
クラウドファンディングに挑戦するか
決める際の参考に…

・PR力
キュレーションサイトを持っていたり、
メディアサイトと繋がりがあるサービスは
PRのサポート体制がいい。

・決算方法
基本的に、カード決済のサービスが多いが、
クレジットを持ってない人も参加できるよう
他の決算方法も充実しているといい。


スマホ対応
最近はスマホからのアクセスの期待値が大きいため、
スマホ対応が早かったサービスを選ぶと、
参加者へのアプローチがしやすくなる。

・スタートアップ
スタートアップの会社は、熱さと必死さがあるので、
自分たちと同じ熱度で対応してくれる。



最後に、
クラウドファンディングでのPRは
ブランドPRに直結するため、
クラウドファンディング成功後に
取引の話や業界メディアからの取材が
自然と発生しやすい。

クラウドファンディングを理由に、
各方面への協力が依頼しやすくなるため
営業ツールとしても、かなり有効となる。




こんな感じかな…


もうこれ以上覚えてない


とりあえず、3000万集めるための教訓は
↓ ↓ ↓ ↓




とのことでしたよ(´・ω・`)♡笑

 

 

帰りにオンラインサロンの友人と

美味しいビールとワイン♡

f:id:chio_081:20141010141337j:plainf:id:chio_081:20141010140243j:plain




おっさん女子☺

Twitter: chio_081