読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われ者を買って出る

「嫌われ者」って
なりたくないですよね。

でも、マネジメントにおいて
「嫌われ者」はとても重要です。



嫌味なのがいいとは言ってません。



実は、先日セミナーで
「伝え方」について学んできました。

言いたいことを言って
自分がHappyになるだけでなく、
相手もHappyになる伝え方が大事
とのことでした。


もちろんそうですよね!
お互い嫌な気持ちをせずに
全てが上手くいくようにしたいです!


嫌われ者を買って出ると言っても、
本当に厳しく言わないと伝わらない時以外は、
できる限りオブラートに包みます(笑)

相手も自分も嫌な気持ちをせず
でも目的を達成できるような形に
ストーリーを描き、伝えます。

 ↓参考に!!↓

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 




大部分はこれで上手くいくのですが、
オブラートに包むことで、


たまーーーーーに
気付いてもらえません(笑)



ジャイアンの歌の酷さにも
気付けないんじゃないかと思うレベルで
鈍感な人いますよね?

そういう人に伝えるのは凄く難しいです。


仲の良いチームというのは
もちろん理想だけど、
そこには馴れ合いが発生しやすい


関係を優先するがために、
大事なことを言えないのは
馴れ合いの加速させる原因です。


そこで、
馴れ合いから生まれる蛇足に気付き
しっかり指摘する。


「嫌なヤツ」だと思われるかもしれません。

「怖い人」だと思われるかもしれません。


それでも、私は
仕事をする環境を守りたいし、
「理念」をしっかり貫きたいのです。


理念がブレている組織は、
信頼されないと思います。


厳しいことを言った分、
他の場面でフォローをすれば
関係性は決して崩れません。


崩れる関係であったとしたら、
それは根本の関係作りが
ダメだという証拠です。


言わない理由に
「忙しくて、自分は言うだけで手を出せないから」
ということもあるかもしれません。

そんなことを理由に
お客様に提供するものの質が下がっても
皆が働きやすい環境が崩れてしまっても
問題ないということでしょうか?


誰かが言わなければならないとき、
あなたは踏み出せますか?


あなただけのためではなく、
サービスや環境の質を向上するために
ぶつかれる自分でいてください。


f:id:chio_081:20150128192719j:plain
(*‘ω‘ *){ご参加くださった皆さん、ご登壇いただいた方々、誠にありがとうございました!質の向上をしっかりしていき、皆さんから喜んでいただけるイベントを続けていきたいと思います。それ以上に本業も頑張っていきます♡一緒に頑張りましょう!!
 

 

読者登録お願いします♡笑

 

おっさん女子☺
Twitter: chio_081



広告を非表示にする